bloggalleryaboutcontact

YAPC::Asiaで喋ってきたりしました Day1

ごりっと書いたのに消えたのじゃよ。。。orz
てことで書き直し初日。
もう一人の社員と分担して聞いてきました。

That Goes Without Saying (or Does It?)
Larryは日本語交えつつ、楽しくPerlの話。
Mathmaticaはチートです。

CloudForecastの紹介 [エントリ]
信頼と実績のkazeburoさんのセッション。
CloudForecastはリソースモニタリングのツール。
自分とこでやってる監視(datahotel patrol+muninとか)の事をつらつら思い出しつつ拝聴。
リソース監視の方は視認性と監視対象追加が重要(特に視認性は他の人の説明にも使える)なので、そこらへんきっちり押さえているのはすごく好印象。
早速どっかに入れて遊んでみようかと。

リクルートのPlack採用事例と、VMによるチーム開発環境構築 [エントリ]
と思いきやPlackの話はほとんどなし。残念。
VMWareとSVN使って、開発環境を統一するところをかなり厳密にやっているようで。
開発チームをシームレスに移動できるようにこうしました、とのこと。
スライドの終わりくらいにBacklogが載ってたので質問したら、BacklogCacooをすごくプッシュしてました。
結構使ってて役に立つよ!とのこと。
後半はMA6の話。
注目APIの最初がLLEvalで、たまたま目の前に座ってたdankogaiが体揺らして爆笑してました。

このへんで呼ばれたのでいったん飯に。

Qudo-2010 [スライド]
去年nekokakさんが話してたQudoの話。
去年と比べると実績が増えてたり、去年質問で出たpriorityの概念が組み込まれてたり。
きっちりかっちりパワーアップしていてすばらしいです。
typoもしないですし。:-)

テンプレートエンジンの移行 [エントリ]
comewalkさんの話は毎度毎度すごく聞きやすいです。
今回はHTML::TemplateからTemplate-Toolkitへ移行した話。
タグ変換のスクリプト書いてごりっと書き換えて、あと不足分は手動で書き換え。
気になるところは他の人が質問してくれて、
経営者の意見は?→あまり聞かないことにした
検証大変じゃない?→QAチームが頑張ってくれた
てな感じでした。

Good Parser in Perl
Perlでテキストのパース処理の話。
Parserは速度が重要、ってことでXS化がきっちりなされている、と。
んで自前で書くよりは既存を使った方が賢いですよねー的な話。
あと自作ならParser::Generatorとか。
Ragel+XSはすごく使えそうです。

mixiチェックインの裏側
で使っているgeohashの話。geohashの仕組みとか。
資料がすごく分かりやすかったです。あとgeohash考えた人は頭いい。
前方一致で範囲を広げて、それだけだと賢くないので周辺のみに絞り込み。
Geo::Hash::XSが非常に便利だよ、と。
あと関東関西のスポット情報はmemcachedでキャッシュして負荷低減。
とかく大規模だとコスト削減策を積み上げるのが大変だろーなあと。

AnyEventとEC2を使ったクローリングツールのご紹介
自社開発クローラのHoneybeeに関する説明。
Honeybee::Hiveがマネージャ、ぶんぶん飛び回ってクロールするのがHoneybee::Bee。
Beeのほうは極力シンプルにしてEC2とかで数をもりもり増やす思想。
Hiveのほうは正しい処理順で順次遂行していく思想。
変に複雑にしないよう腐心してるな、って印象を受けました。
あとこのtweetに全面同意です。

Writing Prefork Workers / Servers [スライド]
kazuhoさんのセッション。
preforkとevent drivenの得意なところ苦手なところの話。
んでParallel::Prefork、および前段でParallel::ForkManagerの話。
P::ForkManagerだとシャットダウンがきれいにできないので、その解としてParallel::Prefork。
Server::Starterは去年のLTで話してたやつで、その中身の話。
Palallel::Scoreboardはプロセス群のモニタリングをするための枠組み。
それをWebで見れるP::S::PSGI::AppとかJSONを吐くP::S::P::A::JSONとか。
てんこ盛りでおなかいっぱいでした。ので要復習と実践。

LTは相変わらずハイレベル。
minemazさんのCOBOL話とtakesakoさんの顔文字プログラミング話は「なにそれこわい」レベルで非常に面白かったです。
あと「Vicious runninng on Phack」は名言すぎます。

んで懇親会。
有名どころが率先してフライング乾杯して、kazuhoさんが道連れを増やすべく超笑顔でビールをすすめまくってました。
地方PM枠のミーティングは懇親会会場でやる予定だったんですが、モデレータ不在で中止。
ってのもなんだかなあだったので、マイク借りて呼びかけて無事顔合わせできましたいきなり呼んでごめんなさいごめんなさい><
これのおかげで翌日すごく喋りやすかったですありがとうございますありがとうございます。
yusukebeさんとは喫煙所でお会いして挨拶。覚えててくれて嬉しかったです。
あとtakesakoさんがいたので捕まえて質問。
Q: 去年と同じ質問なんですが、何がtakesakoさんをそこまでさせるんですか?
A: 日々の勉強の一環です。
カコイイ。

のち二次会@いろはに混じる。
仕事で関係ある会社の方と名刺交換したり。
hibomaさんにお久しぶりですーところで去年の写真がタイの涅槃像にすごく雰囲気そっくりでしたよーとお伝えしたり。
tokuhiromさんに「地方からもっとがんがん絡んでほしいんだよねー」ってなノリで楽しい話をたっぷり聞かせてもらったり。
「みや〜ん(miyagawaさん)は全然怖くないって〜」からみや〜んと連呼しつつPSGI/Plackの時の経緯とか。
あと翌日のLTで話してた「もっと速いHTTPクライアント作るよ!」な話などなど。
# そういやどこにもリンク出てないけど多分これ(p5-Furl)

といった感じで非常に楽しんで、ほろ酔いでホテル帰還。
翌日のスライド作ってざっくりざっくりリハってZENPREでの動作具合を確認してばたんきゅー。

書き直しで泣きそうなくらい疲れたので、Day2は次のエントリで。
# とか言って去年書いてない気がする。。。すみませんすみませんすみません今年はきっちりかっちり書きます。
Related Entries:
YAPC::Asia 2010で喋ってきます
 Permalink

YAPC::Asia 2010で喋ってきます

というわけで、取り急ぎのご報告になりますが。

http://yapcasia.org/2010/timetable.html
10/16(土) 14:20~のPMグループディスカッションで喋る側で参加させてもらうことになりまして。
今日の夜から東京入り中です。

もともと聞く側で参加予定だったんですが、機会をいただいたのでおっかなびっくり手を挙げて今に至ります。
一人でずっと喋るわけではないのでだいぶ気が楽ですが、よくよく考えたら東京で喋るの初めてですね。

というわけで、報告やら聞いてきたメモやらは別エントリでまとめるようにします。
Related Entries:
YAPC::Asiaで喋ってきたりしました Day1
 Permalink
1-2/2