bloggalleryaboutcontact

WordCamp Fukuoka 2010で喋ってきた

懇親会でも喋ったので、計3回。

WordCamp Fukuoka 2010 公式サイト
当日のまとめは技評さんの最速レポートがいい感じです。

・13:00くらいから
bitshfters徹底攻略 at 多目的ホール1 [資料]
事前に嫌な予感はしてたのですが、メインホールがマクラケン直子だったこともあり人がまったく来ない。
のを聞きつけた@hsmtさん他ヌーラボの方々が爆笑しながら来たので、スタッフ側の方々を巻き込んで強引に開始。
最終的にはほぼスタッフばかり10人くらいが入れ替わり立ち替わり入ってました。なぜ皆椅子に座らない。
場末のオヤジよろしくマイペースで喋って、多目的ホールで一番笑いを取った(俺調べ)ので満足です。満足はしてない。
@hsmtさんと@nishiakiさんがしきりに「いやーbitshifters欠かせないわー」と言ってました。にやにやしながら。

・多分18:25くらい(LT)
More Japanize WordPres at メインホール [資料]
資料は全部英語ですが、喋りは全部日本語です。
ところでライブコーディングでplugin作ってきました。
コード自体はcsv読み込んで置換するだけの超簡単なやつなので割愛。
コーディング中にマイクを持ってくれた@hsmtさん本当にありがとうございました。頬にマイクを押しつけられて10秒くらいはロスしたと思います。
ライブコーディングとか無茶やったもんでどうなるかと本人が一番ひやひやしましたが、無事時間内に収まってちゃんと動いてほっとしました。
時間に余裕あったら変換後の文章をsoftalkに読ませようと思ってたんですが、時間ぎりぎりだったので自分で読みました。

・おそらく20:45らへん
bitshfters徹底攻略(再) at 懇親会会場 [資料]
現地で手直しして超スピードで喋ってきました。
今度は人がいっぱいいたのでよかったです。

雑感的なところ。
福岡で200人規模のイベントってそうそうないので、喋る側で参加できたことに大変感謝しております。
会場内のいろんなところをふらふらしてたんですが、参加者の楽しいオーラが出まくってたのが印象的でした。
WordPress元気だ!ってのが満載で非常に楽しかったです。

あと今回は喋る側ってことで、スタッフ側の動きをずっと見させていただいてすごく勉強になりました。
Backlogで大量のタスクを管理してがんがん消化して、都度のやり取りはSkypeでがんがん喋ってどんどん決めていって、のスタイル。
プリン祭りの時にもこのスタイルで進んだのですが、話を進めやすいのと動きが目に見えて分かるのは非常にステキですね。
やること大量にある中でちゃきちゃきとタスクを消化していくスタッフの皆様には頭が上がりません。

最後に、@takayukisterさん本当におつかれさまでした&本当にありがとうございました。
 Permalink