bloggalleryaboutcontact

Ubuntu 9.04でIPv6を無効化

したかったんですが。

これまでの/etc/modprobe.d/aliasesでどーたらではなく、/etc/sysctl.confに
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
と書くらしい。
# 検索して見つかる「net.ipv6.all.disable_ipv6 = 1」の記述は多分間違い(conf.が抜けてる)。だよね?

で、「らしい」となってる理由。
これ書いてもipv6が死んだ様子が見られない。
/proc/sys/net/ipv6/conf/all/disable_ipv6
はちゃんと1になってるんだけどなー。
というわけでざっくり調べてみると
http://ohioloco.ubuntuforums.org/showthread.php?t=1140536
とあって、どうにもkernelのバグでちゃんと死んでくれないらしい。
betaのほうでこれ試してうまくいかなかったんだけど、リリース版ならうまくいくんだろーか。
というのは多分明日くらいに試します。

うまくいかない理由の切り分けのために、一応IPv6切ってみっかーくらいで調べた結果。
なのでリンク先で挙がっているパッチの適用まではやんないかもしんないですしやるかもしんないです。

[以下5/27追記]
リリース版でもだめでしたっと。
launchpadのリンクも一応貼っておこう。
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/351656
調べてた分の原因はCPUの問題だと分かったので、またなんか困ったら検証するかもですが期待はしないでください。
Comments (1)  Permalink